ようこそ「ハイエースfan★トヨタ 値引き 燃費 価格 値段 中古車 下取り」へいらっしゃいました!このサイトは、トヨタ ハイエースが今とっても気になっているとか、トヨタ ハイエースの大ファンだ!またはトヨタ ハイエースが大好き!トヨタ ハイエースの値引き価格燃費新車とか中古車などの情報が欲しい!という方を対象に、様々なコンテンツを提供していきます。最近はネットで各種情報を得られたり、たとえば掲示板評判を検索したり、大変便利になりました。もちろん、トヨタ ハイエースの最新情報を見つけ次第こちらで紹介したいと思います。いろいろと長くなりましたが、当サイトは細々と更新していきますので、今後とも温かく見守って頂けるとうれしいです。
日本人男性の、約6割が悩んでます。それは・・・←クリック!
日本人女性の、約8割が悩んでます。それは・・・←クリック!
必見!おトクなバーゲン情報が満載です!!・・・←クリック!
激安格安ノートパソコン比較情報リンク集・・・←クリック!
★ハイエース 中古車 パーツ 検索★
Topハイエース 紹介 >ハイエースについて

ハイエースについて

トヨタ ハイエース値引き、トヨタ ハイエースの価格、トヨタ ハイエースの燃費などトヨタ ハイエース情報をお探しの方へ。まずはじめにトヨタ ハイエースの概要をご紹介します。(wikipediaより)

ハイエース(HIACE)はトヨタ自動車で生産されているキャブオーバー形状の車体を持つ自動車。ワゴン、ライトバン、マイクロバス(コミューター)がある。初代モデルは1967年に登場した。
かつては標準ボディやトラックもラインナップされていたが、現在は消滅している。日産・キャラバンが最大のライバル。 他にも、タクシーや救急車、寝台車などとしても利用されている。 個人ユーザーでは趣味の道具:競技用オートバイ(ロードレーサー・モトクロッサー)やラジコン飛行機などを輸送するトランスポーター(通称:トランポ)としてよく使われているほか、バニングやキャンピングカーのベース車としても重宝されている。

概要

[編集] ボディ
先代モデルは1989年に登場したが、何度もマイナーチェンジを繰り返した。ボディはワゴン標準、ワゴンロング、ワゴンロングミドルルーフ、グランドキャビンと呼ばれるワゴンスーパーロングハイルーフ、バン標準、バンロング、バンロングハイルーフ、バンスーパーロングハイルーフ、15人乗りのマイクロバスであるコミューターと多岐に渡る。同社で販売されているトヨタ・エスティマが斬新的なイメージで登場したが、こちらは設計自体が古く、フロアシフトだった為、ウォークスルーもできなかった。

また、フジテレビのあいのりで「ラブワゴン」として使用されている。

エンジン
四代目、通称100系ハイエースと呼ばれるモデルについて。 エンジンは発売当初はワゴンにガソリン2000の1RZ-Eと2400の2RZ-E、ディーゼル2400の2L 2400ターボの2L-T、2800の3Lがあり、バンにはガソリン2000とディーゼル2400の2L、2800の3Lであった。発売から一年後に、2400ディーゼルターボが、2L-TEなる。 その後、ワゴンは2400ccターボディーゼルが3000ターボディーゼルの1KZ-TEに、バンの2400ディーゼル・2800ディーゼルを経て3000の5Lとなった。その後、バンには2400ガソリンが追加されているが、一年程度で廃盤、バン最終型のガソリン2000はエンジンが1TR-FE型VVT-i付きとなった。これは、五代目の、200系のと基本的に同じである。


駆動方式
駆動方式はFRを基本に初期はパートタイム4WD、中期(3000ターボディーゼル設定以降)はフルタイム4WD。グレードはワゴンはDX カスタム スーパーカスタム スーパーカスタムリミテッドを基本としバンはCD DX GL スーパーGLとなるが特別仕様車や年度によって相違がある。また、日本RV協会(JRVA)加盟ビルダー向けのキャンピングベース車のようにカタログに掲載されないグレードもあり注意が必要。また、バンは商用車として最も人気の高い車種であり、姉妹車としてレジアスエース(REGIUS ACE)の車名でも販売されているが、ハイエースとの相違点は取り扱い販売店系列の違いとワゴンの設定の有無だけにとどまっている。

エンジンはハイエース史上初の全車4気筒DOHC化で、ガソリン2000ccの1TR-FE、2700ccの2TR-FE。ディーゼルは2500ccコモンレール式DOHCインタークーラーターボの2KD-FTVとなっている。ワゴンのディーゼルは規制の為カタログ落ちしているがバンは規制をクリアしている。駆動方式は先代最終型と同じFRとフルタイム4WDである。

グレードはワゴンDX グランドキャビン バンDX スーパーGL コミューターDX コミューターGLが基本であるが特別架装車もすでに存在する。また、バンシリーズには両側スライドドアを採用したモデルがあり、ワゴン&コミューターは従来の助手席側のみのスライドドアである。また、タイ仕様にはワゴンの豪華仕様のヴェンチュリーが存在する。グランドキャビンをベースにアルミホイール、メッキ装備、革張りシート(Gタイプ)を装備する。2-2-3-4の11人乗りである。そのため10人乗りのグランドキャビンは3ナンバー登録だが、ヴェンチュリーは日本の規格では2ナンバー(乗合自動車、大型免許が必要)となってしまう。更にその上級の、ヴェンチュリーマジェスティ、がある。価格はベンチュリーの布シート仕様で日本円で約500万円。 タイでは、11人以上だと税制面で優遇されるため。

5代目 H200系(2004年-)

5代目ハイエース
ロングバン DX ハイルーフ
5代目ハイエース
ロングワゴン DX ミドルルーフ
5代目ハイエース
ロングバン DX 標準ルーフ2004年8月に現行モデルへ15年ぶりにフルモデルチェンジした。ボディはワゴンワイドロング、グランドキャビンはワイドスーパーロングハイルーフ、バンロング、バンロングハイルーフ、バンワイドスーパーロングハイルーフ、コミューターと整理された。スーパーロング車はワイドボディとなりワゴンやコミューターでは居住性が向上。シフトは先代はフロアに付いていた為、ウォークスルーが出来なかったが、現行型は全車インパネに付いておりウォークスルーがしやすくなっている。5MTと4ATが選べる。また、15年ぶりにステッキ式パーキングブレーキを復活させた。
ディーゼル車は、各種ディーゼル規制をクリアしている。

ワゴンにはトヨタモデリスタインターナショナルの手でドレスアップされたエアロツアラーも設定された。ベースはワゴンDXだが、カラードバンパー、エアロパーツやオプションのパワーウインドウやワイヤレスドアロックなどの快適装備も装備され、安っぽさを感じないものとなっている。ちなみに持ち込み登録である。
2005年 一時受注停止
2005年11月、一部改良。全車にヘッドライトマニュアルレべリング機構を採用し、ハイマウントストップランプを装備した。スーパーGLはカラードバンパーから樹脂バンパーに変更された。
2006年4月27日、200系ハイエース・ワイドスーパーロングハイルーフをベースにした新型のハイメディック登場。エンジンはロング同様2700cc直列4気筒2TR-FEが搭載された。尚トヨタの高規格救急車でハイエースのエンジンが搭載されたのは今回が初めてである。
通常ハイルーフでキャンピング特装車両は以前からラインナップされていたが、天井に頭が届かないハイメディック専用の嵩上げルーフに仕様変更が検討されている。
posted by ハイエースfan at 19:22 | Comment(1) | TrackBack(1) | ハイエース 紹介
この記事へのコメント
ハイエース200系が登場していても、従来のハイエース100系と比較し、俺にとって嫌いな部分があります!
それは、200系のグランドキャビンの幅が拡大していても、ドアミラーとは、納得できないのです! 2〜3年前に、レンタカーの100系のグランドキャビンを借りてドライブ時、カリフォルニアタイプのトラックミラーであり、視界の確保が可能で運転しやすいです! 何故、200系の上級グレードでは、ドアミラーにするのか?
俺は、大型免許に牽引免許(限定なし)を所持している為、キャブオーバータイプのトラックに、ワゴンを運転する時、トラックミラーの方が見易く、スムーズに運転ができるのに対し、ドアミラーでは、余計顔をかがめながら確認していて、大変疲労します!
だから、200系ハイエースでも、カリフォルニアタイプのトラックミラーの復活を望みます!!
Posted by トラッカー&トレーラー at 2009年03月12日 00:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4548924

この記事へのトラックバック

日本RV協会
Excerpt: ハイエースについてまた、日本RV協会(JRVA)加盟ビルダー向けのキャンピングベース車のようにカタログに掲載されないグレードもあり注意が必要。また、バンは商用車として最も人気の高い車種であり、姉妹車と..
Weblog: キャンピング カー
Tracked: 2007-08-06 19:33